カスタムインイヤーモニター(イヤモニ)の耳型採取について【オーダーできます!】

イヤモニ 耳型採取
 
カスタムインイヤーモニター(イヤモニ)の耳型採取を受付けています!

梅田補聴器リスニングラボではカスタムインイヤーモニター(イヤモニ)のオーダーに必要な耳型採取(インプレッション採取)をおこなっています。イヤモニはカスタムIEMとも呼ばれミュージシャンやアスリート、サウンドエンジニアが正確なモニタリング(音響観測)するために利用するイヤホンとして誕生しました。

みなさんの中でも音楽イベントやテレビ番組などでタレントやアーティストが耳に着けているオリジナルデザインのイヤホンを見たことがあるのではないでしょうか。イヤモニは非常にすぐれた音質とオーダーメイドでしか味わえないフィット感があり、一般的に市販されているイヤホンにはない高い遮音性があります。

 


イヤモニを作られるのはアーティストだけではなく音楽リスニングで使用するのが目的で作られる方も多いんです。

好きなミュージシャンと同じイヤモニを手にしたい方や、既成のイヤホンでは耳にあわなくてオーダーメイドにしたい、好きな音楽を高音質で聴きたいなど通勤や通学など日常生活で音楽を聴くためなど、イヤモニは今とても需要が高いですね。

カスタムインイヤ-モニターは10代から50代まで、男女問わずはばひろい年代の方に人気があります。

はじめに耳型採取(インプレッション採取)の注意事項をお読みください。

カスタムインイヤーモニター(イヤモニ)とは

iem 02

カスタムインイヤーモニター(カスタムIEM・イヤモニ)はステージで音楽を演奏するバンド、ミュージシャンや音響モニタリングをするときの正確さ、聴覚の保護をするイヤホンとして発案されました。

一般的に市販されているイヤホンとの大きな違いは、自分の耳のカタチ(耳型)をとって作成されるというトコロです。自分の耳型をもとに作られるため耳にしっかりフィットするので耳あなから抜け落ちてこないことや、外の音を遮断する強い遮音性があるんです。

このように音質がすぐれていることが音楽好きの間で広まり、普段のリスニング用で楽しむためにイヤモニをオーダーされる方がとても多くなりました。

カスタムイヤーモニターは耳の形状にあわすことができる以外に、カラーやデザインをオリジナルに選ぶことができる世界に一つだけのカスタムオーダーメイドのイヤホンです。自分が好きなアイドルやアーティストが使っているメーカーやデザインと同じにされる方も多いですね。

 

イヤモニが主に使われる用途
  • ミュージシャンが演奏、歌うとき
  • 音響モニタリング
  • 通勤や通学時などの日常生活でのリスニング時
  • スカイプやZOOMなどの使用をするとき
イヤモニのメリット
  • メーカーや機種が多いのでオリジナリティも出しやすい
  • メーカーによって選べるデザインだけではなくオリジナルのデザインに仕上げることもできる
  • 外部への音漏れの心配がなく好みの音量で聴ける
  • 耳にピッタリとフィットして着用感がとてもイイ
イヤモニの主なメーカー
  • アルティメットイヤー UE
  • フィットイヤー(須山補聴器) FitEAR
  • カナルワークス
  • ウエストン Westone
  • エアラ eA-R、eA-R36MKⅡ(SHURE、SONYなどのイヤホンに着けるカスタムイヤチップ)
  • ジェーエイチオーデオ JH AUDEO

 

耳型採取(インプレッション採取)について


 
カスタムイヤホンを作るときに必要なのが耳型採取(インプレッション採取)です。耳型採取は耳の外耳道に綿球(ストッパー)を入れて、印象材(医療用のシリコン)を注入します。人間の耳の中はカーブ(曲がり)があり、第二カーブとよばれる位置までを採取する必要があるので補聴器の業務の中で危険をともなう行為の一つですね。

耳型採取は医療類似行為にあたるのですが、現状は無資格であってもおこなえる行為とされています。しかし、基本的には認定補聴器技能者の資格を持っている、または経験があり試験をうけているスタッフが採取をおこないます。

自分や友達に採取してもらうのはとても危険です。私の体験ですが、自分で採取をしてうまく出来なかったという方の耳の中を見たときに印象材が残っていたことがあります。

このお客様にはすぐ耳鼻科に行っていただきましたが、最悪の場合は鼓膜が破れたり耳型が抜けなくなる、難聴になるなどのおそれがあるのでかならず補聴器屋さんで採取してください。

耳型採取によるケガ、事故は補聴器店でも毎年どこかでおこっていると言われています。耳型採取は経験や技術があるお店でおこないましょう。

 

耳型採取(インプレッション採取)の注意事項

iem 03
 
インプレッション採取の注意事項についてお伝えします。以下の症状に該当すれば耳型採取をする前に耳鼻科の受診をしていただくのでご了承ください。

  • 未成年(20歳に満たない)方は親の同意が必要になります、同意がなければ耳型採取はお断りしています
  • 耳アカが多く、詰まっている状態である
  • 耳に手術のあとがあるなど(鼓膜に損傷があるなどもふくむ)
  • 過去90日以内に急な聴力の低下があった、聴覚に異常がある場合
  • 中耳炎にな過去90日以内に耳だれがあった
  • 急性や慢性のめまいがある
  • 外耳道内に湿疹、痛みがある

採取をされるときの体調も大事です。睡眠不足であったり二日酔いの状態、風邪ぎみなど体調不良があるときは耳型採取をしないようにしましょう。体調不良のときは耳のむくみなどにより、インプレッションの仕上がりに影響が出たり、採取の途中に気分が悪くなってしまうこともあります。

未成年(20歳未満)のお客さまは耳型採取の同意書をダウンロードし保護者のサインをお願いします
 
耳型採取の同意書はコチラ

 
耳型採取(インプレッション)のお問い合わせはコチラ

 

耳型採取(インプレッション採取)の費用

iem 04
 
インプレッション採取の費用を紹介します。インプレッション採取代金は当店では両耳(1ペア)5,500円です。

イヤチップ(カスタムイヤピース)、カスタムIEM、オーダーメイドの耳せんなどすべて同金額になります。(バイトブロックを使用して採取する場合は別途250円必要です)バイトブロックはアーティストの方やモニタリングなどで遮音性をあげるためのブロックで使用することでフィット感が強くなります。

よくあるご質問で、一度インプレッションをとれば何回も使えるのか?と聞かれることがあるのですが、インプレッションは同じモノを再利用することはできません。

ですので2つイヤモニを購入する場合なども2セット耳型採取をする必要があります。eイヤホンでご注文をされたお客様に関しては、イヤモニを

 

イヤモニと耳型採取(インプレッション採取)オーダーの流れ

iem 05
 
カスタムイヤホンの購入から耳型採取をしてオーダーするまでのながれをカンタンにわかりやすくご紹介しますね。

イヤホン販売店(eイヤホン)でイヤモニのオーダーをする

iem 06
 
耳型採取とイヤホンの機種を決定する順番は特に決まっていません。しかし、特定のメーカーや種類によっては耳型採取の方法が違うのでオススメなのは購入するイヤホンのメーカーと種類を決めたあとに耳型採取をするのがいいでしょう。

カスタムイヤホンはeイヤホンさんをはじめ、カスタムIEMの取り扱い店でオーダー、購入ができます。お店にうかがえない場合はメールでオーダーをすることもできるようです。

耳型採取(インプレッション採取)をする

iem 07
 
イヤモニのメーカーと購入する機種が決定したら耳型採取です。カスタムの注文はお店に行かなくてもできますが、耳型採取はかならず補聴器屋さんに行く必要があります。耳型採取をする前には耳の確認をおこない、同意書の内容を確認いただいて耳型採取の同意をしていただきます。

同意をいただいたら採取方法を選んでいただき、耳型採取をします。採取方法によってはイヤモニのフィット感が変化するので好みにあわせてお選びください。リスニング用で使うモノではじめてであれば基本の採取方法を選ぶのがオススメですね。

耳型採取の時間は意外と早く、約20分ほどで採取は終わります。

eイヤホンに耳型を持参する、または発送する

iem 08
 
耳型ができたら、イヤモニを注文をした店舗に持っていくか発送をします。それが終われば完成したイヤモニの到着を待つだけです。
採取した耳型はなるべく早めに持っていきましょう。耳型は長い期間(1ヶ月程度)置いておくと形状が縮んだりするおそれがあるのでイヤモニの仕上がりにも影響が出ますので注意してください。

カスタムIEMの納期までの日数はメーカーや機種によってさまざまなようです。早ければ1ヶ月で仕上がるモノもあれば人気があったり、繁忙期であれば3ヶ月以上お待ちいただくこともあるようですね。

 

耳型採取(インプレッション採取)ができる店舗情報

iem 09
 
カスタムイヤホンの耳型採取は補聴器店で受けつけていますが、補聴器の耳型採取とカスタムイヤホンの耳型採取は方法が違い、ある程度の技術も必要になるのでどこの補聴器店でもできるわけではないんです。

不慣れなお店であればインプレッションの出来上がりもキレイではない場合があるので補聴器屋さん選びも慎重にしたいですね。

今回は当店もふくめイヤホン専門店のeイヤホンさんからインプレッション採取の優良店と評価いただいている3店舗をご紹介いたします。

 

梅田補聴器リスニングラボ

大阪市北区、梅田にある梅田補聴器リスニングラボはeイヤホン梅田EST店内にて営業していますので、オーダーをしてすぐに耳型採取をすることができます。

お時間の予約は受けつけておらず、来店していただいた順番に耳型採取をしているので補聴器のお客様の来店がある時間や、タイミングによっては少しお待ちいただくことがありますのでご了承ください。

耳型採取の受けつけ時間は11時~18時半までとなります。月曜日・火曜日は定休日です。

eイヤホン店内にあるのでスムーズにオーダーが可能です。
 

 

 
梅田補聴器リスニングラボのお問い合わせはコチラ

大阪聞こえ補聴器

大阪市中央区南本町にある補聴器店、大阪聞こえ補聴器ではカスタムイヤホンに必要な耳型採取が可能です。

大阪聞こえ補聴器ではご希望の時間にてインプレッション採取のご予約ができます。インプレッション採取の受けつけ時間は10時~18時半までです。(土曜日は16時半最終)日曜・祝日は定休日となります。
 

 

 
大阪聞こえ補聴器のお問い合わせはコチラ

秋葉原補聴器リスニングラボ

東京都、秋葉原にある秋葉原補聴器リスニングラボはeイヤホン秋葉原店に隣接しているので耳型採取からカスタムイヤホンのオーダーまでがスムーズにおこなえます。

耳型採取の予約は受けつけていませんのでご来店いただいた順番での耳型採取となりますのであらかじめご了承ください。補聴器のお客様が来店されている時間は採取をお待ちいただきます。インプレッション採取の受けつけ時間は11時~18時半までです。月曜日と火曜日は定休日となります。
 

 

 
秋葉原補聴器リスニングラボのお問い合わせはコチラ

カスタムインイヤーモニター(イヤモニ)の購入方法

iem 10
 
カスタムイヤホンの購入方法は販売しているお店に行くかインターネットでオーダーしていただきます。そのほかに、eイヤホンさんが毎年大阪や東京で主催しているポータブルオーディオフェス(ポタフェス)の会場内でもインプレッション採取やイヤモニの購入が可能です。

梅田補聴器リスニングラボはeイヤホン店内にて営業していますが、カスタムインイヤーモニターの販売業務はおこなっておらず、耳型採取のみをおこなっています。

イヤホンの販売や修理、商品に関するお問い合わせに関して補聴器屋さんでは受けつけておりませんのでご了承ください。カスタムイヤホンの販売や商品に関してのご質問は当店でいつもお世話になっているイヤホン専門店eイヤホンさんにお問い合わせくださいますようお願いします。

 

eイヤホンのお問い合わせはコチラ

 

まとめ

iem matome
 
カスタムインイヤーモニターの耳型採取について、オーダーやながれをご紹介しました。オリジナルのカスタムオーダーメイドイヤホンは市販のイヤホンでは味わえない音質と遮音性をえることができるので満足度が非常に高いです。

カスタムイヤホンなら今まで快適に音楽を楽しめなかったというユーザーにも気にいっていただけるでしょう。自分だけのカスタムイヤホンで毎日のミュージックライフがより楽しくなるでしょう。

 

コメントは受け付けていません。