30万円以下で買える補聴器の人気オススメ!【バランスの取れた性能】

30万円 補聴器 おすすめ
 
30万円以下で購入可能な補聴器の人気売れ筋を紹介いたします。30万円以下で紹介する補聴器は満足度が高い、聞こえのサポートをしてくれるバランスのとれた機能が満載です。最新の補聴器のほとんどは小型で軽量化されており、デザインも豊富で目立ちにくい補聴器も選べます。補聴器の試聴もできるので手にとってお試しください。

補聴器は価格帯がさまざまで、使える機能も違いますね。30万円以下で補聴器をお探しであればぜひ当サイトをチェックしてみてください。30万円以下となるとスペックも上がりますので、あなたが希望する補聴器も見つかるのではないでしょうか。

補聴器の値段の違い

30 man
 
補聴器の値段の違いについて紹介します。補聴器の値段って幅広くあるのでよく違いがわからないと悩まれるかと思います。シンプルに説明すると値段によって補聴器の性能や音質が違ってくるとお考えください。補聴器は高額になるにつれて使える機能や保証対応などが変わりますね。

 

補聴器選びは3つのポイントで!

30man 3point
 
補聴器を選ぶときには3つのポイントを確認しましょう。

 自分の使用する用途、使用環境に適しているか
補聴器は種類が多くありますので、その中であなたが使用する用途や場面にあっているかが大事です。補聴器にはそれぞれコンピューターの性能に違いがあり、騒がしい環境でも適しているもの、静かな環境以外では使いにくい機種などわかれています。たとえば仕事の会議で使いたいという場合ではそれなりにスペックの高い機種を選ぶ必要があるなど、補聴器の用途と使用する環境は大事なポイントです。
 自分の耳の状態や聴力に適応するか
聴力や耳の状態にあう補聴器を選ぶ必要があります。聴力に適していなければ、聞こえもしっかり補うことができません。聴力のほか耳の状態も重要で、耳アカの多い方や、耳アカがやらかかったり耳ダレがある場合は特に補聴器の種類を考えなくてはいけないですね。あなたの耳に適した補聴器を選ばないと、うまく使用できなかったり故障のリスクが高まるおそれがあります。

 補聴器の価格は予算にあっているか
補聴器はイイ性能のものを求めるとどうしても高額になります。ですので無理のないよう自分で決めた予算内に絞って選ぶと選びやすいです。あらかじめ予算を決めておけば選ぶ範囲も限られてくるので選びやすくなります。決めた予算内で自分の希望にあう性能が備わった補聴器を選ぶのが理想ですね。

30万円以下で選ぶ人気おすすめ補聴器3選!

30man osusme
 
30万円以下の補聴器の中で人気があるオススメをご紹介します。気になる補聴器があればぜひ一度試してみましょう。

シグニア スタイレット3X(Signia Styletto 3X)

  • ドイツ
  • 耳かけ型
  • 2年保証
  • リチウムイオン充電池
  • ワイヤレス通信アリ

シグニア補聴器のエクスペリエンスはシグニアの2020年最新モデルです。その中でひときわデザイン性にすぐれたスタイリッシュなモデルがスタイレットです。スリムな本体と充電式の便利さ、世界初のXセンサー搭載で使用環境の幅が広がります。

スタイレット3Xのポイント!

  • アクセサリーのようなデザイン
  • Bluetooth対応
  • 3回フル充電可能なケース
  • Xセンサーで環境による聞き分け
  • 自声のこもり感の解消

片耳市場価格相場 294,000円(当店価格はお問い合わせください)
電池寿命 最大約19時間
適応聴力 軽度~高重度難聴
指向性 アダプティブ
チャンネル数 24ch
オススメ度

スタッフのレビュー

シグニアの最新耳かけ型補聴器、スタイレット3Xのオススメポイントは補聴器のデザインがファッション性が高く着けやすく、環境に応じた音質を提供してくれるほか、充電式なので電池交換が不要なところです。補聴器のスペックも高めで、30万円以下でオススメな性能です。

スタイレット3XはRICタイプで、レシーバーの交換が可能なので難聴の程度にあわせて聞こえをおぎなえます。

s1

スタイレットXについて詳しくはコチラ


フォナック バートM30-312(Phonak Vart M30-312)

  • スイス
  • 耳あな型
  • 2年保証
  • 312電池
  • ワイヤレス通信アリ

フォナック補聴器の2020年最新オーダーメイド補聴器、バートM30-312はオーデオマーベルシリーズの耳あな型補聴器で、豊かな音を届けます。バートM30-312はフォナックで初めてのBluetooth対応の耳あな型補聴器で、ワイヤレス通信を快適に利用できるのが便利ですね。

オーデオM30-312のポイント!

  • カラーが選べる
  • マスクの邪魔にならない
  • 豊かな音質
  • Bluetooth対応
  • ハンズフリー通話可能

片耳市場価格相場 218,000円(当店価格はお問い合わせください)
電池寿命 最大約75時間
適応聴力 軽度難聴~高度難聴
指向性 ウルトラズーム
チャンネル数 8ch
オススメ度

スタッフのレビュー

フォナック補聴器で30万円以下の耳あな型補聴器バートM30-312は、今のコロナ禍でマスクの邪魔にならず着けやすく、アクセサリーを使わなくてもワイヤレス通信が使用できるので、スマートホンやPCとペアリングできるのもうれしいですね。マーベルは豊かな音で会話をサポートします。

30万円以下で買えるオーダーメイド補聴器の中でもバートM30-312は満足度が高いのではないでしょうか。

s2

バートMについて詳しくはコチラ


スターキー リビオAI 1200 ITC-R(Starkey livio AI 1200 ITC-R)

  • アメリカ
  • 耳あな型
  • 2年保証
  • リチウムイオン充電池
  • ワイヤレス通信アリ

スターキーの充電式補聴器リビオAIは、補聴器メーカーの中でも唯一の充電式耳あな型補聴器です。充電式で便利なほか、サイズもコンパクトで着けやすい補聴器ですね。ワイヤレス通信に対応しており、センサーAIを搭載した機能性が高い補聴器です。

スマートホンと連動させて健康管理もおこなえる、ヒアラブルに近い機能があります。

リビオ AI1200 ITC-Rのポイント!

  • コンパクトなサイズ
  • スマートホンアプリ対応
  • IP67の防水・防塵性
  • 充電式で便利
  • AIセンサー搭載

片耳市場価格 246,500円(当店価格はお問い合わせください)
電池寿命 最大約23時間
適応聴力 軽度難聴~高重度難聴
指向性 イマージョン指向性
チャンネル数 12ch
オススメ度

スタッフのレビュー

スターキーの耳あな型充電式補聴器リビオAI 1200は、30万円以下で買える充電式耳あな型補聴器です。電池交換が不要で長時間使えるバッテリーと防水性能、ワイヤレス通信にも対応可能。AIセンサーを搭載しているので今までの補聴器とは違う音づくりを実現しました。

スターキーリビオAI1200はマスクの邪魔にもならないほか、充電式の耳あな型補聴器ということで大変人気があります。

s3

スターキーリビオAIについて詳しくはコチラ


オススメの30万円以下の補聴器ですが、ワイヤレス通信が使えたり充電式など、欲しかった機能がついているモデルが多いですね。
 

両耳補聴器のメリットについて

merit
 
両耳補聴器のメリットを紹介します。両耳に補聴器をつけるのは片耳と比べメリットがあり聴力をおぎなうのに最適です。両耳ともに音を入れるので片耳補聴器よりも言葉の聞きとりやすさがあがる可能性がありますね。

両耳補聴器なら会話の不便さも片耳補聴器と比べ解消されるのではないでしょうか。はじめは片耳補聴器でいいという方は無理に両耳補聴器を選ばず、まずは片耳補聴器でトライしてみて、気になったら両耳補聴器で試してみましょう。
 

補聴器を長くお使いいただくために

after
 
補聴器を長く使うためには扱い方はもちろん、定期的な補聴器のメンテナンスをおこなうのがいいでしょう。補聴器は精密な機器ですのでデリケートに扱っていただくのが基本です。補聴器は日常的に使用するのでコマ目なクリーニングをするのがいいですね。また、自分でおこなうクリーニング以外に、補聴器店でおこなう専用機器でのクリーニングも利用しましょう。お店では音の点検や消耗パーツの交換などができるのでより安心して長くお使いいただけます。

補聴器は5年を目安として買い替えをおこなうのがいいとされていますが、年数を問わず補聴器の状態を考えて買い替えをしましょう。

 

まとめ

30man matome
 
30万円以下で買えるオススメの補聴器について紹介しました。希望する価格帯の補聴器の種類や特徴がわかれば、購入する補聴器をより選びやすくなりますね。今回紹介している以外にも、30万円以下で買える補聴器はあるのであなたの最適な機種を探してみましょう。

予算内でお気に入りの補聴器が見つかれば、毎日の暮らしもさらに快適に過ごせるのではないでしょうか。

  

コメントは受け付けていません。