補聴器と集音器の違い

集音器 補聴器 a1

補聴器は集音器と何が違うのか紹介しています。初めて調べる人は同じ機器だと思ってしまうのが補聴器と集音器ではないでしょうか。音を大きくして聞こえを補う、ここまでは確かに同じですが補聴器と集音器は根本的に性能が違う機器です。もし、難聴があるのであれば実は集音器はあまりオススメできません。価格も安くて入手するのも補聴器と比べてお店に行かなくても通販などで買えるのでカンタンですが、聞こえを改善させるということにおいては残念ながらうまく改善することができないでしょう。

集音器より補聴器をおすすめする理由はしっかりありますので、補聴器と集音器の違いを知ってぜひ購入の参考にしてみてください。

補聴器と集音器の違い

集音器 補聴器 a2

よくテレビの通信販売や新聞広告などで集音器と表示された機器を見ることがあると思います。

補聴器と集音器の大きな違いの一つを説明すると医療機器として承諾を得て販売されているのが補聴器で、集音器や助聴器というモノは医療機器ではないということです。集音器は一般大衆向けの音響機器の部類に入ります。集音器は医療器としての審査も受けていないので、難聴があり使うとすれば不安ではないでしょうか。医療機器のチェックを受けていないので性能や安全性に何の保障もありません。補聴器と集音器の価格はずいぶんと違い、集音器の方が安いですし購入も手軽にできます。価格相場でいうと補聴器は片耳で約50,000円から500,000円、集音器は10,000円以下から60,000円程度です。

聞こえが悪くなり購入しやすいのでとりあえず集音器を買ってみようか、と買って使ってみても聞こえることは聞こえても雑音の大きさと会話の大きさが重なりうまく聞きとることができないでしょう。実際に安いから買ったけど聞こえの改善が全然なかったという話しをよく聞きます。効果が無いのも当然で、難聴であれば聞こえの程度に合わせたモノを使わなければ意味がありません。そして集音器を一度使うと一番おちいってしまうのが補聴器も似たようなモノだと思ってしまうことです。集音器を使った人は補聴器を使っても聞こえ方は一緒じゃないかと思っている人が多いです。集音器と補聴器は機械そのものの性能が違うということを知っておかなければいけません。この違いをはじめに知ってよく理解しなければ購入してから後悔することにもなります。

おさらいをすると補聴器は医療機器として販売されている難聴を補う機器で、難聴の程度にあわせて音質の調整と購入店でアフターケアを受けることができます。集音器は医療機器ではなく、あくまで大衆向けに販売されている音響機器で、音の上げ下げをするくらいで難聴度にあわせた調整は不可能です。補聴器のように購入後の点検やアフターケアもありません。もし聞こえに困ることがあり、どちらかで迷うことがあれば専門の医師に相談していただくか、補聴器専門店に相談してみましょう。自分が集音器と補聴器どちらに適しているのかよく考えて選ぶことが大事です。

補聴器について詳しくはコチラ

補聴器について【はじめての方へ】

補聴器の限界も知っておきましょう

では補聴器を使うと難聴でもカンペキに聞こえるのかというとそれは難しいです。補聴器をしていても2、3メートル離れている場合には相手の声は届きにくくなり、とてもうるさい環境では話しをされてもうまく聞こえないことがあるでしょう。

難聴でも特に多い感音性難聴の場合は補聴器を使っても元の聞こえ方に戻ることはありません。しかし補聴器をしていない時と比べると聞こえの違いは大きく、お困りの会話の補助となってくれるでしょう。補聴器をして聞く音や声に最初は違和感があるかもしれませんが、着けていると脳がその音に慣れてきますので自然と違和感がなくなってきます。

まとめ

補聴器 集音器 a3

補聴器と集音器は根本的に違うモノであることがおわかりいただけたのではないでしょうか。難聴があるのであれば補聴器を使った方が改善効果がみられます。購入する予算の問題もあると思いますが、安く買っても効果が無ければ意味がありません。聞こえが悪いけど病院では難聴の診断をされなかった場合に集音器を試すのはいいと思いますが、難聴の診断を受けてきこえを補うのであれば医療機器である補聴器をお選びください。補聴器と集音器の違いを理解してきこえを補いましょう。まずは補聴器を体験してみましょう!

お問合せ

コメントは受け付けていません。