フォナック補聴器の新商品バートMを解説【耳あな型マーベルが登場!】

フォナック バートm 耳あな型補聴器
フォナック補聴器より新商品のバートMが発売されました。バートマーベルはフォナックのマーベルシリーズ初の耳あな型補聴器です。
マーベルシリーズは耳かけ型補聴器しかリリースはありませんでしたが、待望のオーダーメイド耳あな型補聴器で登場!今回はフォナックのバートMの特徴と価格についてご紹介します。

フォナック補聴器(Phonak)のバートM(Virto M)は、従来の耳あな型補聴器と違い、Bluetoothが内蔵されてワイヤレス通信機能が使えたり補聴援助ロジャーシステムを受信機ナシで使えるロジャーダイレクトが使えるなど最新性能で聞こえを豊かにしてくれる補聴器です。

当店でもリリース開始より人気のあるフォナックのオーダーメイド補聴器の最新情報を参考にしてください。

補聴器メーカーのフォナックについて

phonak
スイスで生まれた補聴器メーカー、フォナックは聞こえに悩むすべてのユーザーの声に耳をかたむけ、アイデアと知識、そして聴覚ケアを届けています。フォナックは技術の向上と発想をつづけテクノロジーの限界に挑みます。

フォナックは補聴器業界内で70年以上の長い歴史があり、聞こえの悩みを持つすべての人にたいする聴覚サポートをおこなっている補聴器メーカーです。

フォナック公式サイト

フォナックの最新機種バートMについて

p m 1
最新の耳あな型補聴器バートMのご紹介です。あたらしい機能と聞きとりがいい音、これまでにない新しいスタイルをうちだしたのがフォナックバートマーベル。2019年にフォナックよりマーベルシリーズ初となるオーデオMがリリースし、4ヶ月の間で200万台の売上を突破、現在でも大変好評な補聴器です。

オーデオMは耳かけ型補聴器のみで、耳あな型補聴器はナイんですか?とよくご質問をいただいていたのですが、ついに耳あな型補聴器でもリリースとなりました。バートMはタイプのバリエーションも全部で4種あるので、サイズや機能性でタイプを選べるのがうれしいですね。

フォナック補聴器バートMの機能を紹介

vm
vm 2

フォナックバートMの機能をご紹介します。耳あな型補聴器でほしかった機能がそろっているので、ぜひご確認ください。

以下で紹介している機能はバートM-312タイプのみ搭載されている機能となります。このあとご紹介しているチタンやCIC・IICタイプでのご利用はできません

テレビ音声を聞きやすくしてくれる

tvバートMはテレビコネクターD(別売り)を一緒に使えばテレビ音声を補聴器に直接届けます。テレビドラマや映画だってクリアで快適なサウンドで楽しむことができるんです。


Bluetoothを使って携帯電話のハンズフリー通話ができる

phone
今までのフォナックの耳あな型補聴器にはなかったBluetooth内蔵タイプなのでリモコンいらずでワイヤレス通信が使えます。iOSやAndoroidをはじめとした端末との連動ができて、電話もハンズフリーでおこなえます。スマートホンでYoutubeをみたり、音楽の試聴が楽しめるのがいいですね。


ロジャーを受信機ナシで使うことができる

roger
補聴援助システムロジャーが受信機がなくても使える、ロジャーダイレクト機能が搭載されています。今まで必要だった首掛け型の受信機も不要になり、スムーズにロジャーが使えるんです。ロジャーについてくわしくはコチラ


マーベルの新機能はあなたの生活をより快適に、楽しませてくれる機能がそろっていますね。

フォナック補聴器バートMの機種一覧

vm 2

フォナックバートM機種の紹介です。フォナックバートMはユーザーが求める機能で選ぶことができる全4タイプでのご用意で、すべてのタイプでクリア&リッチサウンドを楽しむことができます。

バートMチタン

titan

チタン合金素材を使った極小サイズのマーベルです。補聴器を見せたくないユーザーにオススメできる見えない補聴器となっています。ワイヤレス通信機能やロジャーダイレクトは搭載されていませんのでご注意ください。頑丈なシェル、IP68の防水・防塵が安心できますね。

マーベルのクリアなサウンドで軽度難聴から高度難聴のユーザーすべてにお使いいただけます。隠れる補聴器をご希望のユーザにぜひ使っていただきたい補聴器です。

機種クラスチャンネル数防水・防塵電池寿命片耳価格相場
M9020chIP6865~90時間575,000円
M7016chIP6865~90時間405,000円

バートM-10 NW O

vm 10

操作がシンプルな補聴器で、目立たない見た目が希望ならバートM-10 NW Oタイプがオススメですね。コチラのマーベルはワイヤレス通信機能、ロジャーダイレクトが使えないのでご注意ください。ワイヤレス通信が不要でイイ聞こえを求める方に。

小型のサイズですが軽度難聴から高度難聴までの幅広い難聴にあわせることができるので多くのユーザーに使っていただける補聴器です。

機種クラスチャンネル数防水・防塵電池寿命片耳価格相場
M9020chIP6865~90時間555,000円
M7016chIP6865~90時間385,000円
M5012chIP6865~90時間295,000円
M308chIP6865~90時間198,000円

バートM-312 NW O

vm 312 nw

補聴器の見た目が気になるけどバッテリーの持ち時間もなんとかしたいという方にはバートM-312 NW Oタイプがオススメですね。CIC・IICよりかはサイズが少しだけ大きくなるミニカナルタイプより選ぶことができる補聴器です。

コチラも小さいですがバートMの中ではバッテリー時間が一番長いのがコチラです。ワイヤレス機能とロジャーダイレクトが使えないのでワイヤレスが不要なユーザーにオススメします。

機種クラスチャンネル数電池寿命片耳価格相場
M9020ch110~160時間555,000円
M7016ch110~160時間385,000円
M5012ch110~160時間295,000円
M308ch110~160時間198,000円

バートM-312

vm312

リリースされたバートMシリーズの中で一番機能性がすぐれたモデルがバートM-312です。マーベルの最新機能をすべて利用できるので、Bluetooth通信、ロジャーダイレクトに対応可能となります。

フォナックの補聴器ではじめてブラックのシェルカラーが採用されていて、大人な雰囲気でカッコよくスタイリッシュですね。バートM-312は機能性がとてもすばらしいですが、電池寿命が一番短いというのがデメリットになっています。

機種クラスチャンネル数電池寿命片耳価格相場
M9020ch50~75時間570,000円
M7016ch50~75時間400,000円
M5012ch50~75時間310,000円
M308ch50~75時間218,000円

最新モデルバートMのラインナップをご紹介しました。それぞれで選ぶポイントが違うので、あなたの好みのタイプを見つけてみてください。

フォナックバートMはより自然な聞こえが楽しめる

vm bent
フォナックのバートMは独自で研究したベント(通気穴)を使用しているほか、バイオメトリックキャリブレーションを使って聞こえのオーダーメイドをしているので他の補聴器では出せない、より自然な聞こえと快適性をえることができます。

バートMのベント種類は基本のオープンベントやシャークベント、Dベントなどそれぞれの耳の形状や状態、聴力に応じて設定できます。

バイオメトリックキャリブレーションはユーザーの採取した耳型をコンピューターでスキャンし、1,600ヶ所から得る情報をもとにしてユーザーの耳全体の形状を分析して指向性指数の改善をおこないます。バートMは着ける人の聞こえがより向上する設計を考えて補聴器のシェルを完成させます。

 

まとめ

vm matome

フォナック補聴器の最新モデルバートマーベルのご紹介でした。2020年5月20日から出荷が開始のフォナックの今までにない新しいオーダーメイド補聴器です。今までのビロングシリーズと比べてバートマーベルはすぐれた機能が充実していますね。

バートマーベルには今後も遠隔サポートの機能が設定できるなど、使える新機能が追加されていく予定となっているのでまだまだ楽しみな補聴器ですね。あなたをスタイリッシュに、すばらしい聞こえを届けてくれるフォナックのバートマーベルについてはお気軽にお問い合わせください。

 

コメントは受け付けていません。