フォナック補聴器 バートM50-312(Phonak Virto M50-312)

phonak virto m50 312
phonak virto m50 2

スイスの補聴器メーカー、フォナック(Phonak)の耳あな型補聴器バートM50-312(Virto M50-312)の紹介です。

フォナックのバートマーベルはイヤホンのような見た目のオーダーメイド補聴器。バートM50-312はフォナックのマーベルテクノロジーを採用している最新モデルで、毎日の暮らしをよりスタイリッシュにしてくれる補聴器です。オーダーメイド補聴器でiOS、AndoroidをはじめとするBluetooth機器に対応できるので、携帯電話でハンズフリーの通話を楽しむことが可能です。

フォナックのバートマーベルは、今までにない隠さない、みせるブラックシェルですので大人の雰囲気がありますね。

【フォナック公式サイト】

フォナックバートMの比較表

比較機種音質電池寿命保証期間片耳価格相場
virto m50フォナック バートM50-3121maruPR41電池 50~75時間2年間310,000円
virto m30フォナック バートM30-3121maru 2PR41電池 50~75時間2年間218,000円
virto m70フォナック バートM70-3122maruPR41電池 50~75時間2年間400,000円
virto m90フォナック バートM90-3122maru 2PR41電池 50~75時間3年間570,000円

各補聴器メーカーで比較ができる!補聴器のレンタルについてはコチラ

大阪梅田で補聴器をレンタルしよう【リスニングラボでトライ!】

フォナック補聴器バートM50-312のスタッフレビュー

u saフォナックのオーダーメイド耳あな型補聴器バートM50-312のおすすめポイントは、イイ音質で聞こえる、通信機能がすぐれていて、最新の機能で会話のききとりを向上させてくれるところです。

バートM50-312はワイヤレス機能にすぐれており、テレビ接続や音楽も快適に聴ける、スマートホンをリモコンにして便利に使えます。バートマーベルはロジャーダイレクトにも対応できます。

フォナック補聴器バートM50-312は、最近人気があるワイヤレスイヤホンのような見た目がイイですね。

フォナックの耳あな型補聴器バートM50-312について不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

 

コメントは受け付けていません。