シグニア補聴器の最新機種エクスペリエンスを紹介【100シーン対応の快適な聞こえ】

シグニア エクスペリエンス
 
シグニア補聴器より新商品シグニアエクスペリエンスがリリースされました。今回の新モデルは世界ではじめてのXセンサーを搭載し、どんな場所にいても今までにない臨場感を体感していただくことができるでしょう。シグニアエクスペリエンスは最新の技術であなたの聞こえをより充実させてくれる補聴器になるかもしれません。

シグニアエクスペリエンスは補聴器を使う環境に音質を自動であわせてくれるので、さまざまなシーンの中で活躍してくれます。

シグニアの新しいプラットフォームがシグニアエクスペリエンスです。4つのタイプの耳かけ型補聴器がリリースされ、電池式と充電式で選ぶことができるのでニーズにあわせて選べます。

 

シグニア補聴器について

signia rogo
 
補聴器メーカー、シグニアについて紹介します。シグニア補聴器はドイツでシーメンス補聴器として誕生。補聴器メーカーの中でも歴史が長く、およそ140年の歴史があるんです。これまで革新的な技術を積み重ねて、補聴器ユーザーから多くの信頼を得ている補聴器メーカーの一つですね。

Life sound brilliant.をシグニア補聴器はかかげており、確かな品質と誠実にお客様によりそう活動をおこなっているブランドがシグニア補聴器です。

シグニア公式サイト

 

シグニア補聴器エクスペリエンスについて

signia 100
 
シグニアがリリースした最新のモデルがエクスペリエンス(Signia Xperience)です。シグニアではこれまで多くのエックスシリーズがリリースされてきましたが、その最終モデルと言われているのが今回のシグニアエクスペリエンスとなります。

これより、シグニアXのコンセプトを紹介していきますね。今までの補聴器はまだまだ改善しなければならない快適性が暮らしの中でそこなわれていました。エクスペリエンスはNXシリーズから引き継がれた高品質なNXマイクを搭載しており、新しいコンピューターチップであるXチップを搭載。それによってさらなる高度な音質処理速度が可能となり、従来よりも多くの環境下で快適に聴くことが可能になっています。

シグニアXのメリット

  • 雑音としてではなく環境音として音を届ける
  • ハウリング抑制が進化
  • 補聴器の内部ノイズが従来より2dB改善
  • こもる声が聞きやすくマスク越しの声でもスッキリ届ける

100シーンに対応できる環境認識

今回のシグニアXにはXセンサーが搭載されています。従来の補聴器には指向性がついていて、環境にあわせてその指向性を変化させてくれる機能がある補聴器もありますね。今回のシグニアXは、補聴器があなたの状況をセンサーでとらえて、瞬時に環境認識をおこない聞きやすい音質に変化させサポートします。
signia x img
 
シグニアXは静かな環境での中で、相手の声が小さい場合にも雑音抑制も指向性もかけるようにはたらくので、暗騒音をおさえて話声が浮きだつようにききとれるんです。Xセンサーは従来の指向性と違うため、後ろからの声かけも気付くことができます。補聴器は人によって使うシーンは違いますよね。ある一定時だけに装用する方、日常生活の中で常に装用する方など、あらゆる場面での装用が考えられますよね。

シグニアXは考えられるほとんどの状況下においてXセンサーが自動ではたらいて、あなたが聞きたい音と声を届けてくれる補聴器です。Xが対応できる環境はなんと100シーンもあります!

シグニアXは全自動で100シーン対応できる、らくらく全自動補聴器です

 

シグニアエクスペリエンスの4つのポイント

signia 4
 
紹介しているシグニアエクスペリエンスは多くの新しい技術がそなわっているんです。ここではシグニアXの4つのポイントをまとめましたのでご確認ください。


 Xセンサー
世界初搭載の最新チップ

 100シーンに対応
全自動で100シーンを環境認識する

 マスクの声も聞きやすい
高域が減衰してしまうマスクの着用時でもXは減衰量を抑えるので相手の声が聞きやすい

 らくらく補聴器
何もしなくても自動で音質を快適にしてくれる


シグニアXの4つのポイントで興味がひかれたら実際にどのような聞こえか試してみましょう。

 

シグニアエクスペリエンスの機種ラインナップについて

シグニアエクスペリエンスの機種についてご紹介します。リリースされたシグニアXは4つのモデルがあります。すべて耳かけ型補聴器のタイプで電池式と充電式が選ぶことが可能です。ニーズにあわせて選択できるのがうれしいですね。

チャージ&ゴーX(Charge&Go X)

signia charge go x
 
チャージ&ゴーXは小型なサイズの充電式補聴器です。シグニアXシリーズから充電器にフタが付くようになったので、従来のシグニアの充電式補聴器よりも清潔に補聴器の保管ができます。チャージ&ゴーXはフル充電4時間でできて、23時間使用できる長持ち設計です。急ぎで補聴器を使う時にでも安心な急速充電30分、6時間使用が可能となっています。ワイヤレス通信も可能なのでiPhoneとのペアリングで通話もらくらくにできちゃいます。

機種クラス片耳価格相場(充電器込)
7X554,000円
5X404,000円
3X294,000円

 

ピュア312X(Pure312 X)

signia x 312
 
シグニアXの電池タイプがピュア312Xです。小さめなデザインで、以前のモデルに比べ16%小型化されてより着けやすい印象のデザインになっていますね。ワイヤレス通信可能で、補聴器のバッテリー使用時間は約80時間~90時間です。補聴器に取り付ける外部レシーバーの交換によって軽度難聴から高度・重度難聴にまで対応が可能になります。

機種クラス片耳価格相場
7X510,000円
5X360,000円
3X250,000円

スタイレットX(Styletto X)

signia styletto x
 
他メーカーにはあまりない、スタイリッシュデザインのスタイレットXです。補聴器のデザインがとてもスリム、オシャレな印象があるラグジュアリーなデザインが補聴器らしくない感じですね。スタイレットXは、以前のスタイレットNXと違って外部レシーバーの交換ができるようになりました。そのため、今まで軽度・中度難聴しか対応できなかったのが高度難聴まで対応することが可能になったんです。充電器の仕様も光沢があり、さらに小型化され業界でも最小のサイズになっています。

USB差し込み口はどちらの向きでも差し込めるようになっていて、USBの差し込みをしなくても専用のQiに置くだけで充電することも可能です。バッテリーはフル充電4時間で19時間、急速充電30分で5時間の使用ができます。

機種クラス片耳価格相場(充電器込)
7X554,000円
5X404,000円
3X294,000円

クロスX(CROS X)

signia cros x
 
シグニアXには片耳難聴用の送信機であるクロス補聴器のリリースもあるんです。クロスXは片耳難聴の方に適応する送信機で、クロスXの単体だけでは機能しません。クロスXはシグニアXシリーズの補聴器と組み合わせて使用していただくと機能します。クロスXは電池式と充電式が選べるようになっているので好みのタイプをお選びください。(スタイレットXは対応できません)クロス補聴器についてはコチラをご参考ください

機種価格相場
CROS Pure31290,000円(税抜)
CROS pure Charge&Go100,000円(税抜)

シグニアエクスペリエンスの機種について紹介しました。

シグニアエクスペリエンスのメーカー保証について

シグニアエクスペリエンスの保証について紹介します。シグニアXには3X、5X、7Xと3つのクラスでわかれていますが、それぞれ保証の内容がことなるので以下の表をご確認ください。

機種クラス保証内容
7X3年修理保証
2年紛失保証
5X3年修理保証
2年紛失保証
3X2年修理保証
1年紛失保証

まとめ

signia x matome
 
シグニア補聴器の最新機種シグニアエクスペリエンスを紹介しました。シグニアエクスペリエンスは、シグニアXシリーズの最終モデルで今までなかった機能がたくさんありますね。補聴器ユーザーが今ほしいと思われる補聴器の機能がしっかり考えられており、新しい聞こえを体感できる革新的なモデルがシグニアエクスペリエンスです。

シグニアエクスペリエンスならあなたのほしかった聞こえが手に入るかもしれません。

 

コメントは受け付けていません。