シグニア補聴器をレンタルする方法【試聴と比較もできる】

シグニア補聴器 レンタル

シグニア(Signia)補聴器のレンタル方法をご紹介いたします。人気があるシグニア補聴器を選ぶなら試聴やレンタルを利用して選びましょう。

シグニア補聴器を取り扱う補聴器専門店では、シグニアの最新補聴器をレンタルして試せるんです。補聴器をレンタルする目的は、仕事の会議が聞こえにくいので補聴器を試したいなど、短期間で高性能な補聴器を試したい方。補聴器の購入を考えていて、最新型の補聴器をレンタルして選ぶ参考にするお客様がとても多くいらっしゃいます。

当サイトではシグニア補聴器のレンタル費用や期間などについてレンタルの方法をわかりやすく説明しています。ぜひこの機会にシグニア補聴器のレンタルご利用の参考にしてください。

シグニア補聴器のレンタルには、無料レンタルと有料レンタルがあります。無料レンタルは基本的に購入を前提とするレンタルで、有料レンタルはおもに長期間のレンタルをさします。(レンタルに関しては補聴器店によって料金やレンタル期間に違いがあります)シグニア補聴器のレンタル方法がわかればあなたの気に入るシグニア補聴器が見つかるでしょう。

シグニア補聴器のレンタル機種を確認する

ここからは、シグニア補聴器のレンタルの流れをご紹介しますね。

 

シグニア補聴器をレンタルする流れ

補聴器 レンタル

シグニア補聴器のレンタルはカンタンな手続きだけで大丈夫です!難しい手続きもいらないので気軽に利用いただけます。

  1. 補聴器専門店でご相談
  2. 聴力測定
  3. 補聴器の試聴
  4. 希望するシグニア補聴器を貸し出し

シグニア補聴器はこの手順でカンタンにレンタルすることができます!約1時間ほどでレンタル可能です、あらかじめ手順がわかればスムーズになるでしょう。

 

シグニア補聴器レンタルの用途

シグニア補聴器をレンタルする理由にはそれぞれみなさん考えがあるかと思います。

  • 今使っている補聴器より扱いやすいシグニア補聴器をレンタルして試してみたい
  • 日常会話では今の補聴器でも問題ないが、仕事の会議や商談で聞き間違いをしないよう高性能なシグニア補聴器レンタルを用意しておきたい
  • 使用している補聴器のサイズが目立つので、目立たないシグニア補聴器をレンタルで試してみたい
  • 補聴器を購入して長年経過しているので、最新型の高性能なシグニア補聴器をレンタルで試したい
  • 聴力が片耳だけ低下してしまったので、シグニアの片耳難聴用クロス補聴器をレンタルしてみたい

ここからは、シグニア補聴器の歴史や社風についてご紹介しますね。

 

シグニア補聴器について

シグニア ロゴ

シグニア補聴器(元シーメンス)は世界の3大補聴器メーカーの一つで、補聴器メーカーの中でも有名です。シグニアブランドは補聴システムと聴覚ケア新時代の幕を開けました。これからも常に先を見据え、お客様のことを第一に考えながら、高いクオリティの製品をみなさまにお届けするために、私たちは日々挑戦を続けていきます。

より良い聞こえと共にある未来が、今、私たちの手中にあります。ぜひ一緒に、業界に革新をもたらしましょう。輝きに満ちたさまざまな音を、より多くのみなさまにお届けするために。(シグニアサイトより一部抜粋)

 

シグニア補聴器の歴史

シグニア補聴器はシーメンスの140年におよぶ歴史を継承しています。1878年にベルナー・フォン・シーメンスが最初の難聴補助機器であるPhonophorを開発したのが始まりです。それ以降、音響学の最先端を切り開いてきた歴史があります。近年では充電式補聴器や超小型の補聴器など多くのニーズにこたえることができるバリエーションのリリースをしています。

シグニア イメージ

シバントス社のグローバルセールスは、世界で95ヵ国の聴覚ケアスペシャリストと、セールスパートナーに製品を供給していて、特に製品開発をメインに重点を置いていますね。シバントス社はSignia、Siemens、Rexton、AudioService、A&Mといったブランドを通しマーケットリーダーとなることを目指しています。(シグニアサイトより一部抜粋)

詳しくはシグニアの公式サイトをご覧ください

 

シグニア補聴器のレンタル機種

シグニア レンタル機種

シグニア補聴器のレンタルできる機種をご紹介していきます。自分がレンタルできる機種の種類をあらかじめ知っておきたいですよね。
レンタル可能な機種の中でオススメ機種中心にまとめましたのでご覧ください。

お店によっては試聴機の在庫状況や取り扱いがことなるので来店前にお問合せしていただくのがいいでしょう。(こちらで記載されているレンタルの期間、レンタル費用に関しては当店のものとなります)

ここからは、シグニア補聴器で人気のあるレンタル機種をご紹介していきます。

 

シグニア 充電式補聴器 チャージ&ゴーNX

シグニア チャージ&ゴー

シグニアの充電式補聴器にはセリオンがありますが、その後継機種としてNXシリーズのチャージ&ゴーが登場しました。旧世代のセリオンとは搭載されているコンピューターが違い、新たなNXチップを搭載しています。NXシリーズには自分の声を抑制して、会話をより快適に楽しむことができるOVP機能がついているので従来の機種と比べて違和感も少なくつけていただける補聴器です。(両耳装用時のみ)

電池式であれば電池交換が必要になりますが、チャージ&ゴーは電池の交換が不要で、非接点なので充電器に置くだけのカンタン充電でお使いいただけます。3時間の充電でフル充電ができて、最大約19時間作動でき、急ぎのときは30分充電で6時間使用できるので安心ですね。チャージ&ゴーは完全防水ではありませんが防水加工がされており、充電中の熱で補聴器の乾燥もしてくれる優れモノとなっています。補聴器のタイプは耳かけ型のRICタイプか標準のBTEタイプよりお選びいただけます。

音質 自声の抑制、自然な音質
機種のクラス 1NX/2NX/3NX/5NX/7NX
レンタル期間 1日から最大30日
レンタル費用 10日間無料(10日以降一日経過で100円)

シグニア ピュアNX

シグニア ピュアnx

シグニアのかけ型補聴器ピュアNXシリーズです。電池サイズ(筐体サイズ)のバリエーションも選ぶことができるので、あなた好みでお選びいただけます。NXシリーズはBluetooth機能を搭載しているので多機能性があるほか、気になる自声を抑制して違和感を減らしてくれるOVP機能の搭載、両耳装用時に補聴器が両耳間通信をしてより指向性の効果を得ることができます。

ピュアNXは会話を楽しむためにシグニアが開発をした新しい性能をもつ補聴器です。NXシリーズは耳かけ型のRICタイプをはじめ、標準サイズと小型サイズ、耳あな型の機種も選べます。(シングルマイクのモデル、耳あな型にはOVP機能はつきません)

音質 自声の抑制、自然な音質
機種のクラス 1NX/2NX/3NX/5NX/7NX
レンタル期間 1日から最大30日
レンタル費用 10日間無料(10日以降一日経過で100円)

シグニア クロス補聴器 NX

シグニア クロス

シグニアの片耳難聴用補聴器であるクロス補聴器もお試し可能です。クロス補聴器は送信機の役目となり、受信機となる補聴器を一緒に使うことで聞きとりの改善をおこないます。

クロス補聴器について詳しくはコチラ

片耳難聴用クロス補聴器(CROS)

クロス補聴器はすべて同じで性能がありません。ですのでお選びいただく補聴器のクラスによって使える性能が変わります。クロス補聴器に対応している機種も限られているので注意が必要ですね。クロス補聴器は電池式と充電式の耳かけ型タイプしかありませんが、補聴器側は対応機種が多く、一部の耳あな型でも対応可能です。(10NXとCIC/IICは対応外)

クロス対応機種 pureNX/charge&goNX/motionNX/insioNX
レンタル期間 1日から最大30日
レンタル費用 10日間無料(10日以降一日経過で100円)

シグニア プライマックス

シグニア プライマックス

シグニアのプライマックスはNXシリーズの旧世代機種です。プライマックスシリーズは耳かけ型補聴器の各種と耳あな型補聴器がラインナップされています。機種のバリエーションが豊富でそれぞれのライフスタイルにあわせて選べます。プライマックスは以前の機種ということもあり、価格はNXシリーズより安くお求めいただけます。

NXシリーズと比べると機能性は少し劣り、Bluetooth通信ができないなどがありますが、スマホアプリと補聴器の連動には対応しています。プライマックスは日本語を楽に聞くというフレーズで売り出され、日本語をより聞きやすい音質調整、計算式を可能としています。

音質 日本語を聞きやく調整した音質
機種のクラス 1px/2px/3px/5px/7px
レンタル期間 1日から最大30日
レンタル費用 10日間無料(10日以降一日経過で100円)

レンタル可能な機種は耳かけ型補聴器のみですが、耳あな型で試したいということであれば当店では一度補聴器を作製し万が一耳にあわない、慣れにくいということがあれば3ヶ月以内であれば返品もしくは交換の対応をしていますのでご希望であればお伝えください。

ここからは、シグニア補聴器の機種選びについてご紹介していきますね。

 

シグニア補聴器の機種選びの方法

補聴器専門店

補聴器選びで失敗はしたくないですよね。補聴器選びで気をつけるポイントがわかれば機種選びで失敗しません。補聴器を選ぶときにはまずシグニア補聴器の取り扱いがあり、機種について知識がある販売店を利用するのがいいでしょう。

シグニア補聴器を扱うお店はたくさんあり、中にはシグニアのコンセプトショップもあります。コンセプトショップをはじめ補聴器専門店ではシグニア補聴器について、知識や経験がある販売員が在中しているのでより正確な機種選定が期待できるんです。特に認定補聴器技能者がいるお店であればより安心してお選びいただけるでしょう。

 

聴力測定や補聴器の調整

シグニア補聴器の機種を選ぶ前に必要なのが聴力測定です。聴力測定をしなければあなたにあう補聴器を用意することができません。聴力測定は10分から20分ほどでおこなうことができます。

もし耳鼻科で聴力検査をして聴力データを持っているのであれば持参しておくのがいいでしょう。聴力を測定すればあなたにあう機種のパワーやタイプを選ぶことができます。その次に重要なのが補聴器の調整です。聴力データを補聴器にインプットするだけではなく、補聴器の良さがきまるのが調整です。売られている補聴器はどこでも同じですが、補聴器選びで失敗しないためにはお店選びがとても大事になります。

 

シグニア補聴器のレンタル申込み方法

レンタル申し込み

シグニア補聴器のレンタルはカンタンにできます。面倒な書類の作製なども特に必要なくできます。お店によってレンタルの方法は違う可能性がありますが、ほとんどのお店は同じような流れとなるでしょう。

まずはじめにレンタルを利用する前に希望する機種がレンタルできるかを確認するのがいいですね。人気の機種は貸し出し中のために試聴機の在庫がない場合もあります。シグニア補聴器のレンタルを利用の前に、レンタルに必要なモノや注意事項をチェックしておきましょう。

 

手続きに必要なもの

レンタルに必要なモノをまとめました。こちらは当店、リスニングラボでレンタルで提示していただくものとなっております。他店に関しては各店舗にお問合せいただき確認をお願いします。

  • 健康保険証
  • 各種運転免許証
  • 住人票
  • マイナンバーカード(住基カード)
  • 学生証

レンタル期間や費用について

シグニア補聴器のレンタル費用はお店により違いがあります。無料のレンタル期間があるお店や、期間によってレンタル料金が決まっている場合がありますね。たとえば、当店でシグニア補聴器をレンタルする場合には10日間は無料レンタルができます。

10日間を過ぎれば一日経過ごとに100円料金が発生します。長期間のレンタルはしておりませんので、最大の30日間以上のレンタル希望については要相談とさせていただいております。ご希望があれば性能の違う機種を同時に貸し出しをして比較しながらお試しいただけます。

レンタル料が決まっているお店では現金またはカードなどの決済が可能と思いますので問い合わせてみてください。

 

補聴器の返却方法

補聴器の返却について、基本的にはトラブルを回避するためにもお店に行き返却するのが望ましいですね。考えられるトラブルとしては破損していたり、レンタルしていた備品の欠損などです。どうしても次回の来店が難しい場合は販売店に確認をして郵送での返却など、対応を考えてもらいましょう。

 

注意事項(紛失や破損)

補聴器店によってレンタルサービスの内容は違うとは思いますが、その中でも注意していただきたいのが補聴器の紛失や破損です。お店によって紛失時の対応も違いますが、高い金額を請求されるなどもお店によれば考えられます。まずはレンタルするときに不明点がないように確認しておくのが大事です。

 

まとめ

補聴器 a1

シグニア補聴器のレンタルに関してご紹介しました。シグニア補聴器は全国のシグニア補聴器を取り扱う補聴器販売店でお求めいただけます。シグニア補聴器をレンタル利用は購入時の参考や、機種の決定時に大変参考にできるのでオススメです。補聴器のレンタルは敷居も高くなく、気軽に利用いただけるので自分のペースでレンタルを利用してみてください。

シグニア補聴器をレンタルすればあなたが満足できる補聴器に出会えるかもしれません。

 

 

コメントは受け付けていません。