Signia(シグニア)

シグニア ロゴ a1

現在のシバントス(シーメンス)は、世界で25カ国以上の国々に約5,000人の従業員がいるそうです。シバントスは、最新のシーメンス・シグニア補聴器を開発して製造、販売をしています。また、シバントスはすぐれた補聴器を幅広く提供するだけでなく、さらに一歩踏み込み、よりよい聞こえと理解の未来を創出します。シーメンス・シグニアブランドは、最先端技術と革新そのものを体現している補聴器ブランドです。

技術開発は常にシバントスの経営上の最優先事項であり、シバントスはワイヤレス通信システムを搭載した世界初の補聴器を含めて補聴器の歴史の中でいくつかの世界初を達成しています。音響学の最先端を切り開いてきたという歴史があるシーメンスの補聴器は今では世界95カ国で愛用されています。市場で100年以上の歴史があり、日本では優れたデザインや商品に授与されるグッドデザイン賞を複数回受賞しています。

シグニアの歴史

signia aa

Signia(シグニア)補聴器は140年にわたり、補聴器の技術と聞こえの経験を積みかさねて今では世界でもトップクラスの補聴器メーカーです。

1878年

ベルナー・フォン・シーメンスが最初の難聴補助機器としてPhonophorを開発しました。シーメンスブランド初の耳かけ型(BTE)補聴器、Siemens Auriculetteを開発したのが1959年。この開発はより目立たない補聴器をつくる大きな前進となりました。その7年後には最初の耳あな型補聴器(ITE)を市場に導入しています。

1970年

シーメンスは本格的な国際企業として、世界中の市場に進出しました。シーメンスの補聴器を販売するために欧州や北米、後にはアジアの各国に子会社を設立しました。

2012年

シバントスの研究者がオルデンブルク大学との協力により、両耳の補聴器同士をおたがいに通信させる両耳通信システムを開発しました。

2015年

シーメンスはシーメンスオーディオロジーソリューションズをEQT社に売却をしました。シーメンスオーディオロジーソリューションズの名称変更によりシバントスグループが誕生しました。

2016年

新しいブランドSignia(シグニア)としてあらゆる補聴システムと聴覚ケアの新時代の幕を開けました。これからも常に先を見据えてお客様のことを第一に考えながら、高いクオリティの製品をみなさまにお届けするために日々挑戦を続けています。

シグニア補聴器メーカーサイトはこちら

最新機種の一覧

シグニア nx a1

シグニア補聴器の最新機種をご紹介していますのでご覧ください。デザインや性能、価格などからお選びください。

Signia NXシリーズ

signia nx a1

最新のNXチップを搭載したシリーズです。耳かけ型補聴器と耳あな型補聴器がラインナップされていて、中には電池交換が不要な充電タイプの補聴器もあります。デザインも最新の目立たない機種やデザイン性のある、おしゃれでスタイリッシュなモデルが多くリリースされています。NXシリーズは種類が大変多くあるのであらゆるニーズにおこたえできるラインナップとなっています。NXシリーズ最大の特徴は自分の声を抑制することができるというOVP機能を搭載していることです。補聴器を初めてつけたときには自分の声が少し気になるという方もいらっしゃいます。今まで聞こえていなかった声が急に聞こえてそれが違和感に感じられることや、自分の声が響く感じがするというケースがあります。OVP機能は補聴器に自分の声を認識させることで自分の声に対して音質調整をおこなってくれる機能です。そのほかにもBluetooth通信に対応していることや、両耳で装用した時には両耳間通信により会話の聞きとりに対して快適性がアップします。一部OVP機能、Bluetoothが対応していない機種がありますのでご注意ください。(耳あな型、IIC、CIC、10サイズRICなど)

  • RICタイプ Pure312NX
補聴器のクラス 3NX 5NX 7NX
チャンネル数 24ch 32ch 48ch
電池 312 312 312
対応聴力 軽度から重度難聴 軽度から重度難聴 軽度から重度難聴
片耳価格相場 270,000円 360,000円 510,000円
  • RICタイプ Pure13NX
補聴器のクラス 3NX 5NX 7NX
チャンネル数 24ch 32ch 48ch
電池 13 13 13
対応聴力 軽度から重度難聴 軽度から重度難聴 軽度から重度難聴
片耳価格相場 270,000円 360,000円 510,000円
  • RICタイプ Pure10NX
補聴器のクラス 3NX 5NX 7NX
チャンネル数 24ch 32ch 48ch
電池 10 10 10
対応聴力 軽度から重度難聴 軽度から重度難聴 軽度から重度難聴
片耳価格相場 270,000円 360,000円 510,000円
  • RICタイプ Pure Charge&Go NX
補聴器のクラス 3NX 5NX 7NX
チャンネル数 24ch 32ch 48ch
電池 リチウムイオン電池 リチウムイオン電池 リチウムイオン電池
対応聴力 軽度から重度難聴 軽度から重度難聴 軽度から重度難聴
片耳価格相場(充電器含む) 333,200円 423,200円 573,200円
  • 標準耳かけ型 Motion13NX PNX
補聴器のクラス 3NX 5NX 7NX
チャンネル数 24ch 32ch 48ch
電池 13 13 13
対応聴力 軽度から重度難聴 軽度から重度難聴 軽度から重度難聴
片耳価格相場 270,000円 360,000円 510,000円
  • 標準耳かけ型 充電式Motion Charge&Go NX
補聴器のクラス 3NX 5NX 7NX
チャンネル数 24ch 32ch 48ch
電池 リチウムイオン電池 リチウムイオン電池 リチウムイオン電池
対応聴力 軽度から重度難聴 軽度から重度難聴 軽度から重度難聴
片耳価格相場(充電器含む) 333,200円 423,200円 573,200円
  • 耳あな型オーダーメイド Incio IIC/CIC/ITC TWIN/ITE TWIN
補聴器のクラス 3NX 5NX 7NX
チャンネル数 24ch 32ch 48ch
電池 10/312 10/312 10/312
対応聴力 軽度から高度難聴 軽度から高度難聴 軽度から高度難聴
片耳価格相場 290,000円 380,000円 530,000円

Signia STYLETTO

signia styletto a1

シグニアの最新シリーズがこちらのスタイレットです。スタイレットは補聴器には見えないデザインで、まるでアクセサリーのような感覚でつけることができます。機能は補聴器ですがシグニアも補聴器という名称では扱っておらず、イヤウエアとして取り扱っています。おしゃれな補聴器をお探しの方には大変うれしいデザインになっています。補聴器の性能はNXチップを搭載しているのでワイヤレス通信にも対応可能、そして電池式ではなく充電式のみのリリースとなっています。電池交換の手間もなく大変便利です。しかし、対応聴力が限られているため、難聴度が高い方には適応することができませんのでご注意ください。スタイレットは仕様上両耳装用時にしか搭載機能が働きません。

補聴器のクラス STYLETTO3 STYLETTO5 STYLETTO7
チャンネル数 24ch 32ch 48ch
電池 リチウムイオン リチウムイオン リチウムイオン
対応聴力 軽度から中度難聴 軽度から中度難聴 軽度から中度難聴
両耳価格相場 700,000円 880,000円 1,180,000円

Signia CROS Pure312NX

signia cros 1

シグニア補聴器では片耳難聴用機種であるクロス補聴器があります。クロス補聴器は2機種あり、一世代前の機種と最新機種があります。クロス補聴器は一台だけで使うことはできず、補聴器と一緒につけて使います。それぞれ対応できる補聴器も違っています。クロス補聴器のしくみは、難聴のある耳にクロス補聴器をつけ、健康な耳に通常の補聴器をつけます。クロス補聴器と補聴器が通信をしてクロス側で拾った音声を補聴器に届けてくれます。ですのでクロス補聴器をつければ難聴で聞こえない方向の音声も健康な耳で聞くことができるんです。両耳に難聴があるときにもバイクロスという調整ができますが、聴力によってはあうあわないがあります。クロス補聴器について詳しくはコチラ

電池 312
対応機種 PureNX312/13/Charge&Go、Motion13NX/Charge&Go、IncioNX ITC/ITE
片耳価格相場 97,200円

シグニアの保証サービス

シグニアでは補聴器の保証サービスがあります。シグニア補聴器では補聴器購入後に保証期間があります。機種により保証期間は変わりますので購入する機種の保証期間は確認しておきましょう。保証期間は補聴器の修理が自然故障のみ無償となります。

機種のクラス 保証期間
プレミアム 7 3年/2年保証
アドバンス 5 3年/2年保証
スタンダード 3 2年保証
ベーシック 2 2年保証
バリュー 1 2年保証
  • 紛失保証
1年目 2年目
NXシリーズのプレミアム/アドバンスのみ 2年保証 1回に限り無料
プライマックスシリーズのプレミアム/アドバンスのみ 1回に限り無料

補聴器の修理にかかる費用を確認しましょう。

スマートリペア
点検 オーバーホール/保証有無問わず6,000円
外観 部品修理(電子部品含まない)8,000円 5年以上12,000円 保証期間内は無償
音響 アンプ/レシーバー/マイク等を含む修理24,000円 5年以上40,000円 保証期間内は無償
シェル 耳あな型シェル再作30,000円 購入後1年以内は無償 シェル修正8,000円 保証期間内は無償

シグニア補聴器をお試しできます!

補聴器 a1

大阪市北区にある梅田補聴器リスニングラボではシグニア補聴器をレンタルして試すこともできます。シグニア補聴器をレンタルしていただければ補聴器の性能もよくわかり購入の参考にすることができます。シグニア補聴器のレンタルについて、補聴器に関するご質問、当店価格についてはお気軽にお問合せください。

お問合せ

コメントは受け付けていません。