フォナックの最新補聴器スカイMとナイーダMを紹介【待望の新モデル】

フォナック補聴器 ナイーダm スカイm
 
フォナック補聴器から最新機種のナイーダMとスカイMがリリースされます。フォナックで人気があるマーベルシリーズの最新作です。クリア&リッチな音質で会話を楽しめる、フォナックマーベルシリーズ(Phonak Marvel)に、中度難聴から重度難聴に適している耳かけ型補聴器、ナイーダ(Naida)とお子様向けに使える耳かけ型補聴器、スカイ(Sky)の2機種の登場となります。

ナイーダもスカイも今までにリリースされてきた同機種の特徴をいかしているのと、マーベルの新しいプラッフォームの追加により機能性も向上しているんです。当サイトはフォナックの最新補聴器であるナイーダMとスカイMについてご紹介していきます。

ビロングシリーズでも人気だったナイーダとスカイがこの度、ようやくマーベルシリーズで登場しますね。前世代機種にはなかった、Bluetooth内蔵でスマートホンなどと連動がカンタンにできたり、フォナックの補聴援助システムであるロジャーを受信機を用意しなくても、ダイレクトに使うことが可能なロジャーダイレクトも搭載しています。ナイーダMとスカイMの最新情報をご参考ください。

補聴器メーカーのフォナックについて

phonak rogo
 
スイスの補聴器メーカー、フォナックは「Life is on」をかかげており、聞こえで悩むすべてのユーザーの声に耳をかたむけて、よりすぐれているアイデアや知識、聴覚ケアをお届けします。70年以上もの歴史をもっているフォナックは、技術の向上とあたらしい発想でテクノロジーの限界に挑みつづけている補聴器メーカーです。
 
フォナック公式サイト

 

フォナックの最新機種ナイーダMとスカイMについて

img 1
 
フォナック補聴器の最新機種ナイーダMとスカイMについて紹介します。フォナックの中度難聴から重度難聴用の機種として長年親しまれているナイーダと、子供の聴覚サポートに適しているスカイがマーベルシリーズでついにリリース。今までのビロングシリーズと比べると、マーベルシリーズでは音質の快適性がアップしているほか、Bluetoothによるワイヤレス通信のストリーミング、ロジャーダイレクトの搭載で、よりスムーズにロジャーの扱いも可能になっています。

スカイMはオートセンス機能スカイOS2.0から3.0にアップグレードして、騒がしくなる学校の教室などの環境を30%正確に分類し、子供のおおきな声やはしゃぐ声を39%騒音と認識するため、騒音下での快適性が向上しているんです。スカイMはカラーの展開がおおく、カラーバリエーションの組み合わせをお好みで選べます。
 
フォナック マーベルの詳しい機能についてはコチラもご覧ください
 

フォナック補聴器ナイーダMとスカイMの機能を紹介

フォナック補聴器のナイーダMとスカイMの機能について紹介します。日常会話のサポート以外に学業、仕事や趣味にも使える機能がそろっています。

テレビコネクターがあればテレビ音声をダイレクトにお届け

tv d
 
有料オプションとなりますが、テレビコネクターDがあればテレビの視聴にとても役立ちます。テレビコネクターDがあれば、補聴器をとおしてテレビ音声を直接きけるので、テレビのボリュームを気にせず好きな音量で映画やテレビドラマの視聴が可能です。


Bluetoothによる携帯電話のハンズフリー通話が可能

phone
 
ナイーダMとスカイMはBluetoothが内蔵されており、iOSやAndoroid端末と連動させることが可能できます。通話もハンズフリーでラクにできるんです。スマートホンとペアリングさせればYoutubeの視聴をはじめ、音楽を聴くこともできます。


ロジャーを受信機ナシで使える

roger
 
フォナックの補聴援助システム、ロジャーを受信機がなくても使用できるのがロジャーダイレクトです。ロジャーダイレクト機能が搭載されていれば、首かけの受信機や一体型の受信機が不要でロジャーが使えます。
 
ロジャーについて詳しくはコチラ


 

フォナック補聴器ナイーダMとスカイMの機種を紹介

naidam skym 00
 
フォナックナイーダMの機種をご紹介します。

ナイーダM-SP(Naida M-SP)

phonak naida m
 
フォナック補聴器ナイーダMは、幅広い聴力に対応できる補聴器でパワーが必要な難聴度の方にオススメできるマーベルシリーズですね。ナイーダBでも搭載されている、オートセンスOS2.0が3.0にアップグレードして、音声の聞きとりがよりクリアになり快適性が高くなっています。ナイーダMはスーパーパワータイプ(SP)のみでのリリースで、電池タイプのみになるので選ぶさいにはご注意ください。

機種クラスnaida m1ナイーダM30-SPnaida m2ナイーダM50-SPnaida m3ナイーダM70-SPnaida m4ナイーダM90-SP
チャンネル数8ch12ch16ch20ch
バッテリーPR48
最大約120時間
PR48
最大約120時間
PR48
最大約120時間
PR48
最大約120時間
保証期間修理2年保証修理2年保証修理2年保証
紛失2年保証
修理3年保証
紛失2年保証
片耳価格相場180,000円270,000円380,000円530,000円

 

スカイM(Sky M)M SP電池式

phonak sky m
 
フォナックの小児向け補聴器スカイがマーベルシリーズで登場。マーベルのクリア&リッチな音質はもちろん、ワイヤレス通信とロジャーの使用がカンタンにおこなえます。スカイMの電池ドアは電池の誤飲をふせぐためのチャイルドロックを採用しているほか、補聴器のフックにもチャイルドロックが付いている安心な設計です。補聴器の電池切れが近づいたときには補聴器のアラーム音にくわえ、LEDランプが点灯するのでご両親をはじめ、学校の先生がランプを見て確認できるようになっています。スカイMは補聴器本体のカラーバリエーションが豊富で、本体カラー7色でフックが7色の49通りものカラーバリエーションですので、好きな色の組み合わせができるんです。

スカイMはBluetooth搭載ですが、フォナックアプリに対応することができないのでご注意ください
機種クラスsky m1スカイM30-M・SPsky m2スカイM50-M・SPsky m3スカイM70-M・SPsky m4スカイM90-M・SP
チャンネル数8ch12ch16ch20ch
バッテリーM PR41
最大約80時間
SP PR48
最大約120時間
M PR41
最大約80時間
SP PR48
最大約120時間
M PR41
最大約80時間
SP PR48
最大約120時間
M PR41
最大約80時間
SP PR48
最大約120時間
保証期間修理2年保証修理2年保証修理2年保証
紛失2年保証
修理3年保証
紛失2年保証
片耳価格相場160,000円240,000円310,000円430,000円
スカイM-PR(Sky M-PR)充電式

phonak sky m pr
 
スカイMの充電タイプです。充電タイプはパワータイプ(P)のみしか選ぶことはできません。電池式と違って充電式は電池交換が必要ないため扱いやすいのがいいですね。中身のコンピュータや使える機能に関してはスカイMの電池タイプと同様です。

機種クラスsky m pr1スカイM30-PRsky m pr2スカイM50-PRsky m pr3スカイM70-PRsky m pr4スカイM90-PR
チャンネル数8ch12ch16ch20ch
バッテリーリチウムイオン
最大約18時間
リチウムイオン
最大約18時間
リチウムイオン
最大約18時間
リチウムイオン
最大約18時間
保証期間修理2年保証修理2年保証修理2年保証
紛失2年保証
修理3年保証
紛失2年保証
片耳価格相場180,000円(充電器込) 260,000円(充電器込) 330,000円(充電器込) 450,000円(充電器込)

ナイーダMとスカイMのラインナップについての紹介でした。

 

スカイM30はフォナックの総合支援法対応機種です

この度スカイMのリリースに伴い福祉対応機種が変更されます。今まで対応している総合支援法機種はスカイB30ですが、スカイM30が対応となりました。福祉に対応しているのは30クラスのSPのみで、ウルトラパワー(UP)はビロングシリーズのUPのみになります。
 

まとめ

phonak matome
 
フォナック補聴器の最新機種スカイMとナイーダMのご紹介でした。スカイMとナイーダMは2020年10月14日から出荷開始となります。マーベルシリーズで新しくなったスカイとナイーダをぜひご体験ください。

ナイーダMとスカイMにはフォナックの最新技術が搭載されています。フォナック補聴器に関するご質問はお気軽におたずねください。

  

コメントは受け付けていません。