片耳難聴に最新の補聴器レンタルがおすすめ【比較して選べる!】

クロス補聴器 レンタル

片耳難聴に最新の補聴器をレンタルしてみませんか。片耳難聴の聞こえを改善できる、補聴器メーカーイチオシの最新のクロス補聴器から、片耳補聴器まで高性能補聴器の試聴体験が簡単にできるんです。補聴器のレンタルは無料から有料まで利用したい日数に合わせて選ぶことができます。補聴器はレンタルの時に聴力測定をおこない、補聴器の調整もおこないますので今の自分の聴力についても確認することができるんです。当サイトでは片耳難聴に選びたい最新の補聴器について、レンタル方法などあわせて紹介していますのでぜひご参考ください。

片耳難聴で聞こえの改善をあきらめていませんか。補聴器を過去に試して改善ができなかったことがあれば、補聴器では聞こえを補うことができないと思ってしまっているかもしれません。しかし、最近では片耳難聴の聞こえ改善におすすめできる補聴器が多くあるんです。補聴器はドンドン進化しており、音質の快適性もあがり雑音の少ない、会話の聞きとりをラクにしてくれる機能が満載です。片耳難聴の聞こえを改善できる補聴器を考えているのであればぜひ補聴器のレンタルをご利用ください。補聴器のレンタルは生活環境で補聴器を使えるので、聞こえの改善がよくわかるんです。

片耳難聴用の補聴器レンタルについて確認する

ここからは、片耳難聴についてご紹介していきますね。

片耳難聴とは

片耳難聴 a1

片耳難聴になる原因や症状、種類にはいくつかあり、片耳難聴になれば生活の中でうまくコミュニケーションをとれないことや、会話が聞きとれないなど日常で不便を多く感じます。片耳難聴は左右の耳どちらかの耳に障がいがおき、聞こえが悪化します。片耳難聴になると難聴の程度にもよりますが、重度になるとまったく聞きとりができなくなってしまいます。

片耳難聴の原因

片耳難聴になる原因は種類によってもかわります。原因は不明とされていて、突然聞こえなくなってしまう突発性難聴や、おたふく風邪にかかり、ウイルスが感染して発症するムンプス難聴、生まれつきによる難聴(先天性難聴)、強大音を耳にしたり、外部からの衝撃によっても聞こえが悪くなる外傷性難聴などがあります。片耳難聴になる原因はさまざまですが、ほとんどが感音性難聴になることが多く、高度から重度の難聴が後遺症として残ります。

片耳難聴の治療と改善方法はあるか

片耳難聴の治療は早期におこなうのが大事です。片耳難聴は自身で自覚をしやすい難聴で、もし片耳の聞こえに異変を感じたらすぐに耳鼻咽喉科を受診して医師による診察、治療を受けることが回復にも影響します。片耳難聴にはまだ特攻薬のようなモノがあるわけではありません。ステロイド剤の投与などが治療によく使われているようで、通院か入院となります。片耳難聴は早期に治療を受けても必ず治るわけではありません。もし、治療をしても聴力が回復しなければ難聴の程度にもよりますが、医師より補聴器を使う改善を提案されるかもしれません。多くの難聴には医療機器である補聴器の使用が改善方法として考えられています。

片耳難聴の悩み

片耳難聴 悩み

片耳難聴になるとさまざまな悩みが出てきます。人間は両耳を使って周囲の音の情報を得ています。片耳難聴になると、どちらかの範囲が聞こえなくなるので、聞きとりづらい状況であったり全く聞こえないということが出てきます。生活に必要な音が聞こえなくなったり、人と接することが苦手になるなど、あらゆる場面で困ることがあります。

  • 騒がしい環境になるとより会話が聞きとりづらくなる
  • 聞こえない耳側から声をかけられても気づけないことがある
  • いつも顔の向きや立ち位置を気にしなくてはいけない
  • 片耳だけで話しを聞くので集中して疲れやストレスを感じている
  • 音楽を聴いても聞こえ方に違和感があり楽しめない
  • 外出中に聞こえないことでキケンを感じたことがある

片耳難聴になると周囲の人にもあまり理解してもらえないことがあったり、相手が片耳難聴だと知らなければ勘違いを生んでしまうこともあります。コミュニケーションが多ければ疲れを感じてストレスの原因にもなります。

ここからは、片耳難聴に適するクロス補聴器についてご紹介していきますね。

片耳難聴に適しているクロス補聴器について

 

クロス補聴器 メーカー

片耳難聴になると通常の補聴器だけでは聞こえを改善させることができない場合があります。もし、片耳難聴で補聴器を使うのであれば聴力の状況を調べ、適応する補聴器を選ぶ必要があります。片耳難聴になると、治療の結果でも変わりますが高度から重度の難聴となってしまうケースが多いです。もし片耳の難聴度が高度や重度であれば通常の補聴器では補うのは難しく、ことばの明瞭度が残っていなければ片耳補聴器では改善ができないでしょう。聞きとりができなくなっている片耳難聴にはクロス補聴器が改善策として選ばれます。クロス補聴器は片耳補聴器とは違い、両耳に補聴器を着けて聞こえを補う特殊な性能をしています。クロス補聴器のメーカーは現在フォナック(Phonak)、シグニア(Signia)、ワイデックス(Widex)からリリースされています。

クロス補聴器の仕組み

クロス補聴器 しくみ

クロス補聴器は通常の補聴器とはまったく違うしくみで、左右につけるクロス補聴器と補聴器を通信させて電波で音声を届けます。クロス補聴器が送信機となり、難聴のある耳に装用します。健康な耳には通常の補聴器を装用し、クロス補聴器で拾った音声をこの補聴器で聞くことができるようになります。クロス補聴器は難聴のある耳に音を入れるわけではありません。健康な耳につけた補聴器をとおして、難聴耳側の音声を健康な耳で聞けるようになるというしくみなんです。

片耳難聴用のクロス補聴器について詳しくはコチラ

片耳難聴用クロス補聴器(CROS)

クロス補聴器の聞こえ改善の特徴

クロス補聴器 改善

クロス補聴器をつければ健康な耳で難聴側の音声を聞くことができる素晴らしい特徴があります。片耳難聴で聞くことができなかった範囲の音声も聞くことができるようになるのでメリットとなることが非常に多いんです。しかし、一方でクロス補聴器にはデメリットともとれることがあります。クロス補聴器を使う前に知っておきたいメリットとデメリットをご紹介します。

クロス補聴器のメリット

クロス補聴器を着ければ、今まで聞こえなかった難聴側の音声にも気づくことができます。聞こえる範囲が広くなるので音の情報量も増えるのでさまざまな気づきを得ることができます。会話をする時にも片耳だけに集中して聞くこともなくなりますので、疲れを感じたり、ストレスなく会話を楽しむことができます。難聴のある耳でも電話をとることができますし、複数人での会話時にもクロス補聴器があれば聞きとりの補助となってくれるでしょう。

クロス補聴器のデメリット

クロス補聴器を使ううえでデメリットも存在します。クロス補聴器は健康な耳で音を聞かせてくれるしくみですので、難聴のある耳に音が入ってくるわけではありません。そのため、個人差がありますが音の方向感がつかみにくいことがあります。クロス補聴器は経済的なトコロにもデメリットがあります。クロス補聴器は一台だけでは使えず、必ず補聴器も合わせて購入しなければいけません。ですので両耳に補聴器を装用しなければならず、2台分の購入費用が必要になります。その他には電池の消耗が早いということがあります。クロス補聴器は常に左右で通信をおこなうので電池の寿命が早くなってしまいます。

補聴器レンタルの流れ

補聴器 レンタル流れ

片耳難聴に最適な補聴器をレンタルする方法はとてもカンタンなんです。補聴器のレンタルははじめてでも難しい手続きなしで、すぐにご利用いただけるんです。

  • 相談
  • 聴力測定
  • 補聴器の試聴
  • 補聴器をレンタル

補聴器のレンタルはこの流れでカンタンにできるんです。約1時間から2時間ほどのお時間で最新の補聴器がレンタルできます。補聴器のレンタルを利用するときには、一つの機種だけではなく性能の違う機種など比較してレンタルしてみましょう。

補聴器レンタルに必要なもの

補聴器のレンタルに必要となるのは身分の証明ができるモノを提示していただくだけです。販売店により違いがあるかもしれませんので事前に確認するのがいいですね。当店の場合では補聴器レンタルは自動車運転免許や保険証を持参いただくだけで大丈夫なんです。

クロス補聴器のレンタルの機種一覧

クロス補聴器のレンタル可能機種についてご紹介します。販売店により連tなるできる機種には限りがあります。ここでは当店でレンタルできるクロス補聴器についてご紹介したいと思います。

フォナック クロスB-312/13 充電式B-R

フォナック クロス

フォナック補聴器の耳かけ型クロス補聴器、クロスBシリーズです。フォナックのクロスBではクロス側の音声バランスを自分でも操作することができます。クロス側の大きさを下げたり、上げたりが容易にできます。クロス補聴器は電池タイプか充電タイプで選ぶことができます。電池タイプには2種類のサイズがあり、それぞれで目立ちにくさも変わってきます。クロスの性能は選ぶ補聴器により左右されますので生活シーンを基準として性能をお選びください。比較をすることでより選びやすくなります。

クロスB-312 クロスB-13 クロスB-R
電池/時間 312/最大約58時間 13/最大約96時間 リチウムイオン/フル充電約16時間
対応機種 ビロングシリーズ312 ビロングシリーズ13 オーデオBR
レンタル期間 1日から最大30日 1日から最大30日 1日から最大30日
レンタル費用 10日間無料/以降1日100円 10日間無料/以降1日100円 10日間無料/以降1日100円
シグニア クロスPure 312NX

シグニア クロス

シグニア補聴器のクロスピュアは耳かけ型のRICタイプで電池式と充電式があります。シグニア補聴器のクロスの特徴として、フォナックと違い対応できる補聴器の種類が多いということがあります。一部の小型耳あな型機種以外であれば対応することができるんです。クロス補聴器の性能については選ぶ補聴器により違いが出てきます。補聴器を使うシーンで選ぶのがおすすめです。シグニアのクロス補聴器はスマホのアプリがあればクロスのバランス変更ができ、本体での操作はできません。レンタルでは比較することができるのでぜひ性能の違いを確認してお選びください。

クロスpure312NX クロスpure Charge&Go
電池/時間 312/最大約110時間 リチウムイオン/フル充電約21時間
対応機種 NXシリーズ(一部対象外アリ) NXシリーズ(一部対象外アリ)
レンタル期間 1日から最大30日 1日から最大30日
レンタル費用 10日間無料/以降1日100円 10日間無料/以降1日100円

耳かけ型以外、フォナックには耳あな型のクロス補聴器もあります。耳あな型でのレンタルをご希望であれば一度耳の型をとり、作製をして購入していただきます。万が一耳にあわないことがあれば購入後3ヶ月以内であれば返品、もしくは交換の対応をさせていただきますのでご安心ください。

補聴器レンタルの料金と期間について

補聴器のレンタル期間や料金について、こちらも販売店により違いがあるでしょう。よくみられるのはレンタル期間にもよりますが3ヶ月間などの長期だと3,000円ほどの費用をとるお店や短期間であれば1,000円、500円などさまざまです。当店では10日間無料のレンタルサービスをしています。10日以降は1日100円でご利用いただけます。

クロス補聴器の機種についてはこちらもご確認ください

片耳難聴で選ばれているクロス補聴器【5分で紹介!】

まとめ

片耳難聴 改善 aa1

片耳難聴におすすめしたい最新の補聴器のレンタルについてご紹介しました。片耳難聴で補聴器の使用をあきらめていたなら一度クロス補聴器を試してみませんか。最新の技術が使われているので聞こえの性能も快適性があり、違和感も少なくなっています。クロス補聴器を使えば今まで聞こえに困ることが多かった会社や学校でもきっと役立ってくれるでしょう。クロス補聴器の改善を体験するならレンタルしてみましょう。クロス補聴器をレンタルできればあなたに必要かどうかの判断をすることができますので購入の参考にできるんです。

もしクロス補聴器をレンタルできればあなたにとって最適となる補聴器を見つけることができるでしょう。

お問合せ

コメントは受け付けていません。